良い投資信託が悪い投資信託になる事がある

良い投資信託を見つけて投資信託を購入する事で、投資信託で稼げるので良い投資信託を選びますよね。

しかし 良い投資信託がいつまでも あなたにとって良い投資信託だとは限りません。

投資信託を購入する時は、良い投資信託であっても 投資信託を運用する会社の状況変化や自分自身の状況変化によって良い投資信託ではなく 悪い投資信託になる事があります。

だから 運用する会社の状況変化を知る為にも投資信託の運用成績をきちんと把握する事も大切ですし、自分自身の状況変化によって投資信託を選び直す事も大切になるんです。


投資信託でも 特にアクティブファンドの場合は、投資信託を運用するファンドマネージャーの手腕によって運用成績が変わります。

投資信託を選んだ時は、運用成績の良い投資信託であっても会社の状況変化によりファンドマネージャーが変われば運用成績も変わるという事になります。

ファンドマネージャーが変わる事で 良い投資信託がもっと良い投資信託になる場合もありますが、良い投資信託が悪い投資信託になる可能性もあるという事なんですね。

しかし 投資信託の運用会社のファンドマネージャーが変わったなどを公表する事がないので運用会社の状況変化を知る事が出来ません。

だから 運用成績によって 運用会社の状況変化を知るしか無いんです。


良い投資信託を選んで購入しても 運用会社の状況変化によって、良い投資信託が悪い投資信託に変わる事があります。

だから 良い投資信託を選んで購入しても きちんと運用成績を確認して 運用会社の状況変化を知る事が大切なんですね。


そして 自分自身の状況変化で良い投資信託が悪い投資信託になる場合があります。

自分自身の状況変化とは、結婚や子供が生まれて家族が増えたり、仕事が変わったり、収入が変わったりといろいろありますし、年齢を積み重ねることで状況は変化します。


独身であれば、リスクの高い投資信託でもリターンが望める投資信託を選んでいてもいいですが、家族が出来ればやはり、リスクを見直す必要が出てきます。

仕事による収入の変化により、積立型の投資信託の積立金額を見直す必要も出てきますし、仕事の変化により安定した収入を得る事が出来なくなれば、投資信託のリスクを見直す必要も出てきますよね。


さらに 年齢が高くなれば、やはり老後の事を考えて高いリターンより、リスクを低くする事を考えるべきだと思います。

逆に 安定した仕事に就けて収入が安定すれば、投資信託の方でリスクが高くてもリターンが高い投資信託を選んでもいいと思います。


投資信託は、中長期で運用するという考え方の方が多いので、他の投資のように見直す必要が無いと思いますが、良い投資信託が悪い投資信託になる事もあります。

だから ある程度の期間で、投資信託の運用成績をきちんと分析して、投資信託の運用会社の状況変化を知る事も大切ですし、自分自身の状況変化により、どれぐらいのリスクなら問題無いのかを確認して、現状に適した投資信託なのかを確認する事が大切なんですね。


購入する時は、良い投資信託であっても 今の自分にとって悪い投資信託になる場合がありますので、投資信託の運用期間中は、きちんと現状を把握して、自分にとって良い投資信託なのかを判断する事が大切なんですよ。