投資信託の内容のバランスを見直おす

投資信託は、分散して投資が出来る事が魅力でもあります。

しかし 投資信託によって 株式投資がメインで 株式投資での分散投資をしている投資信託もあれば、債権がメインの投資信託もあります。

株式投資でも債権でも 国内と海外があり そして海外には、いろいろな国があり国によって経済状況も違うのでリスクが変わってきます。

だから 投資信託で分散投資をしているといっても 投資対象によってリスクやリターンが大きく変わってくるんです。


そして 投資信託の内容のバランスは、人によって変える必要があります。

仕事での収入の安定性や生活の変化や家族構成や年齢などによって投資信託を見直すべきなんです。

だから 時と場合によって 投資信託の内容(投資対象)のバランスを変える必要があるんですね。


投資信託の場合、数年運用する事はざらで 中長期の運用をしていると 経済状況は刻々と変化します。

だから 運用している投資信託の内容のバランスをきちんと見直す事が大切になるんです。

今の自分にとって 最適なバランスをみつけて リスクが高いようであれば、債権などにシフトチェンジしていく事が投資をする上で とても大切になるんです。

投資信託は、投資のプロに任せる投資ですが、市場の変化を見極めて リスクやリターンを考えて将来性のある市場へ投資する事も大切なんですね。


投資信託では バランス型という国内債券、国内株式、外国債券、外国株式に分散している投資信託がありますし、ファンド・オブ・ファンズという複数の別の投資信託に投資して投資対象を分散する投資信託もあります。

バランス型とファンド・オブ・ファンズの投資信託は、国内外の株式や債権などに分散して投資をする事が出来ますが、投資信託によって投資対象の保有率が違うので、今の自分にあったものを選んでも、やはり状況によって見直すべき時はあります。

どの投資信託でも 状況によって投資信託の内容(投資対象)のバランスを見直す事が、投資信託で失敗しない為にも大切なんです。


投資信託をほったらかしにしていると、バランスが崩れてしまった場合に 大きなリスクを負う事にもなりかねません。

独身の時に投資信託を購入していて、結婚しても そのままの方いませんか?

子供が生まれても そのままにしている方もいるかもしれません。


投資信託でお金を貯めているから 大丈夫だと思っていても、ほったらかしにしている間に 資産が減っているかもしれませんよ。

まだ 損をしていないと思っている方も もう少ししたら、リスクが高い投資信託をそのままにしていたら、大きな損失を抱える事になるかもしれません。


だから 投資信託をしている方は、きちんと状況によって 投資信託の内容(投資対象)のバランスを確認して、必要であれば見直すべきなんですね。