投資信託の規模と資金の流出入に気を付けろ!

投資信託は、多くの投資家から少しずつ資金を集める事で 大きな資金にして運用会社が分散投資する事で、安定的に運用する事が出来るというのがメリットの一つです。

大きな資金で分散して投資する事で、安定的に稼ぐ事が可能になるという事は、資金が少なければ 安定的に稼ぐ事が難しいという事になります。

投資信託の規模が大きければ資金が多くて安定的な運用ができるので、投資信託の規模が 投資信託の運用成績に影響を及ぼすという事になるんです。


だから 投資信託の規模が投資信託では大切だという事なんです。

どんなに投資のプロであるファンドマネージャーの手腕が良くても 資金が少ないと安定的に稼ぐ事が難しいという事なんです。

だから 投資信託の規模が投資信託の運用期間中に どのように変化しているのかをきちんと把握する事が大切になるんです。


投資信託の規模は、純資産残高で知る事が出来ます。

純資産残高の変動により、投資信託の規模が変化しているという事になります。

純資産残高が減っていれば 規模が小さくなってきているという事です。

純資産残高が増えていけば 規模が大きくなってきているという事なので、資金が増えて安定的に稼げるようになってきていると判断できますし、投資信託の人気がでてきていると判断する事も出来ます。


純資産残高が減り続ければ分散投資がしにくくなり安定的な運用が難しくなりますし、純資産残高が減るという事は、投資家にお金を返す事になるので、売買のタイミングを逃すなどの原因にもなります。

だから 購入している投資信託の純資産残高が減っていくようであれば、損をする可能性が高くなるので、投資信託を選び直す必要も出てきます。


そして 純資産残高が減っていった場合は、銘柄の組み直しが必要になるので、投資信託の運用方針なども少し変化する可能性があります。

投資信託の銘柄が偏って ハイリスク・ハイリターンな運用になる場合もあるかもしれません。

トータルリターンを見て 運用益が上がっていても純資産残高が減少して少なければ 安定しない場合が多くなります。

投資信託の場合は、中長期での運用を目的としているので 短期の運用成績に惑わされてはダメなんです。

だから トータルリターンだけではなく 標準偏差とシャープレシオなどを きちんと把握して安定性をきちんと理解する事が大切です。


そして 純資産残高が減った場合は、他の同様な投資信託と比べて 投資信託全体の状況を把握する事も大切です。

投資信託へ投資する絶対数が減ってきているのであれば、全体的な要因になりますが、他の同様な投資信託の純資産残高が増えているのに 購入している投資信託の純資産残高が減っていれば、きちんと状況を分析して 今後の動向に気を付けておく必要があります。


純資産残高の減少が止まらなければ、投資信託を選び直すか 投資信託を休むなど 早めに対策を講じる事が大切です。

投資信託の運用期間中は、投資信託の規模と資金の流出入に注意しておく事も大切なんですね。