運用年数の短い投資信託には注意が必要?!

投資信託は、投資のプロに運用を任せるという考え方なので中長期の運用が基本になります。

投資信託の場合は、投資家から集めた大きな資金で分散して安定して運用する事が目的なので、短期間で売買して稼ぐ事が難しいという事です。

だから 投資信託で運用するのであれば、数年から数十年という中長期の運用をする事をあらかじめ考えておく事が大切なんです。


数年から数十年という期間を考えて投資信託で運用するのだから、短期の運用成績で投資信託を選ぶべきでは無いということになります。

だから 運用年数の短い投資信託を購入する時は、今後の長い運用成績を予測する為に必要な ある程度の期間の運用成績が少ないという事になり、難しいという事になるんです。


投資信託の運用成績は、未来ではなく 過去の運用成績です。

未来の投資信託の運用成績は、誰にも解りません。

しかし 未来を予測して未来を当てなければ投資信託で稼ぐ事が出来ないという事になります。

投資信託の未来を予測する為の材料が、過去の運用成績になるんです。


その過去の運用成績の期間が多ければ多いほど 未来の予測をする材料が多いという事になるので、運用成績を予測しやすくなるという事になります。

だから 運用期間がある程度長い投資信託の方が、きちんと選べば 運用期間の短い投資信託よりは、未来を予測しやすく安定的に稼げる可能性が高いという事なんです。


しかし 運用期間が短い投資信託がダメだといっているわけではありません。

短い運用期間の投資信託でも、素晴らしい投資信託はありますし、運用期間の長い投資信託も初めは運用期間の短い投資信託だったんですね。

短い運用期間の投資信託でも きちんと状況確認をしながら運用成績を把握して 良い投資信託なのかを判断し続ける事が大切だという事です。


投資信託の場合は、中長期で運用するという事になるので運用期間が長くなります。

長い運用期間の投資信託であれば、過去の実績によりどんな運用なのかを把握する事ができるので、短期の運用成績が悪くても ある程度は安心して運用し続ける事が出来ます。

だから ある程度 ほったらかしにしておいて、運用報告書などで運用成績を把握しておけば大丈夫なんです。


運用期間の短い投資信託であれば、過去の実績が少ないので、短期の運用成績が悪ければ、不安になりますし、状況によっては、悪い投資信託と判断して、投資信託を見直す事も必要になります。

もちろん 良い投資信託だと判断した運用成績が長い投資信託でも 見直すべき時は、見直すべきです。


運用期間が短い投資信託がダメだといっているわけでは無く、運用期間が短い投資信託であれば 運用期間が長い投資信託よりは、こまめに運用状況を把握する必要があるという事で 注意が必要だといっているんですね。

特に運用成績が短い投資信託は、注意して運用状況を把握しておく事が大切なんです。