年代や現状によって選ぶべき投資信託は変わるので注意

投資信託は、いろいろな投資信託があり 投資信託によってリスクやリターンも違えば、少し仕組みが違ったりするんです。

だから 年代や現状によって 選ぶべき投資信託が違いますので、良い投資信託は人によって違うという事になります。


少額資金で投資信託を始める事が出来ますが、大きな資金でも投資信託を始める事が出来ます。

投資信託を少額資金でするのであればリスクが高くてもリターンが高い投資信託を選んでもいいと思いますが、退職金など老後の大切な大きな資金を使って投資信託で運用する場合は、低リスクの投資信託を選ぶべきです。

なぜなら 少額資金であれば 取り返しが付きますが、退職金など老後の大切な大きな資金で大きな失敗をすれば 取り返しが付かない事態になる場合があるからです。


生活に危険を及ぼすような投資はするべきでは無いという事です。

運用成績がいいからといっても どんな投資対象に投資していて どれぐらいのリスクがあるのかを きちんと理解してから投資する金額を設定する事が大切なんですね。


さらに現状を きちんと把握して、自分がとれるリスクを知っておく事が大切です。

仕事面の安定性や独り身なのか?家族がいるのか?子供のこれからの養育費や学費や持ち家があるのか?など 現在の収入と支出と資産について、きちんと把握して投資信託を選び、現状が変われば 投資信託を見直す事も大切なんです。

不安定な収入になれば、投資信託は、堅実なリスクの低い物を選ぶべきですし、収入が安定しているのであれば、リスクが高くてもリターンが望める投資信託を選んでもいいと思います。


しかし 家族がいて子供の養育費や学費などを考えると いくら収入が安定していても リスクを抑える必要があります。

若い方であれば、仕事による収入が今後も長く望めるので、リスクが高くてもリターン重視に投資信託を選んでもいいと思いますが、定年間近の方の場合は、やはり老後の事を考えてリターンよりリスク重視に投資信託を選んだ方がいいと思います。


いつまでも若いと思う気持ちは大切ですが、年齢によっても選ぶべき投資信託が変わるって事です。

現状は変化しているんです。現状が変化している事を理解して、自分に最適な投資信託なのかを見極める事が投資信託で稼ぎ続ける為には大切なんですね。


そして 経済や国々の現状も変わるので、時代の流れによっても 選ぶべき投資信託が変わります。

国や経済の状況は刻々と変化しており、国が財政破綻して国債が大暴落する事もありますし、経済状況が良い国が悪くなる場合もあります。

発展途上国と呼ばれていた国が、新興国となり 目覚ましい発展をする事もあるんです。

だから 選ぶべき投資信託は、時代の流れによっても変化するという事です。


大きく稼げる可能性が高い投資信託は、そのぶんリスクも高くかる可能性が高くなります。

リターンに惑わされて、選ぶべき投資信託を見逃す場合もあります。

自分の状況や世の中の状況を きちんと把握して選ぶべき投資信託を選ぶ事が大切なんですね。