投資信託に使っていい資金を知る

投資信託は、資金を増やす為にすると思いますが、必ず資金が増えるというわけではありません。

投資信託は、投資ですので稼げる場合もありますが損をする事もあるんです。

投資信託は、余裕な資金でするべきであって 無理な資金で投資信託をするべきではありません。

だから 投資信託に使っていい資金は、余裕資金という事になります。


しかし どれぐらいの資金が余裕資金になるのか?って 人によってや 考え方によって変わってきますよね。

だから 投資信託で使ってもいい 一般的な余裕資金の考え方について説明してみます。


投資信託の場合は、中長期での運用が基本ですので、2~5年程度は 使う予定のない資金を使う方がいいんです。

だから 投資信託で運用するなら2~5年で使う予定の資金を考えておく事が必要になります。


例えば 車の購入や子供の進学などに必要な資金は、ある程度予測する事ができますので、余裕資金からは除いておく方がいいんです。

さらに 失業するなどの最悪の事態に備えて 3ヶ月程度の生活費も余裕資金から除いておく方がいいと思います。


しかし 失業が解雇などの理由であれば、会社勤めをしている方の場合は、失業保険に加入しておけば、すぐに失業保険金の支給を受ける事が出来るので、その事も考慮しておいてもいいと思います。

そして 病気などで働けないような事もあるかもしれませんが、そんな時の為には、保険などに加入しておけばいいと思います。

上記のような感じで余裕資金を考えればいいんです。


では、例えで余裕資金について説明します。

300万円の預貯金がある方で、2年後に車の購入がある方であれば、車の購入資金100万円は、余裕資金から除いて、後は3ヶ月の生活費として20万×3ヶ月と考えれば60万円の余裕資金から除くという事になります。

そうなると300万円-100万-60万円となるので、余裕資金は、140万円となるという事です。

いくら 余裕資金だといっても 急に資金が必要になる場合もありますので、もう少し余裕資金から除いておくという考え方も出来ますね。


そして 投資信託の場合は、種類によってリスクとリターンが変わってきますので、その事も考慮して余裕資金を使う必要もあります。

債権など中心の低リスクな投資信託であれば、余裕資金の大半を投資信託で運用するという考え方も出来ますし、株式中心の高リスクな投資信託であれば、余裕資金の半分程度を投資信託で運用するという考え方も出来ます。

リスクを考えて余裕資金を運用するという事も大切だという事なんですね。


預貯金もあまりないし、いろいろと考えると余裕資金が無いという方の場合は、積立で投資信託をするという考え方も出来ます。

投資信託の場合は、数千円程度から始める事が出来るので、毎月数千円投資信託を購入するという感じでしたら、余裕資金などを考えないでも 投資信託を始める事が出来ますね。


投資信託は、必ず稼げるというものではありませんので、きちんと最悪の事態の事を考えて 生活に支障の出ない余裕資金でするという事が大切です。

稼ぎたいからといって無理な資金で投資信託をして、もし損をしたら 元も子もありません。

だから 投資信託に使っていい資金は、もし損をしても 問題なく生活がおくれる事を前提に考えておく事が大切なんです。

投資信託は、投資なので損をする可能性もあるので 必ず余裕資金でするという事が大切だという事です。