投資信託のメリット・デメリット

投資信託は、とても魅力的な投資ですが やはり投資ですので稼げる場合もあれば損をする場合もあります。

投資信託をする上で、良い時 稼げた時の事ばかりを考えていてはいけません。

どんな物でも 良い所があれば 悪い所もあるんです。


良い所ばかりに惑わされて 悪い所を見落としてしまうと、失敗して後悔する事になります。

だから 投資信託の良い所・悪い所 メリット・デメリットについて知っておく事が大切なんです。


☆投資信託のメリット

投資信託は、大切な資金を投資のプロ(ファンドマネージャー)が運用してくれるので、投資に対しての知識が無い投資初心者の方でも簡単に始める事ができます。

投資信託の運用期間中は、投資のプロ(ファンドマネージャー)が投資対象を選び売買タイミングを考えて売買するので、投資信託を購入してしまえば 後は運用成績を確認する程度なので、投資対象を選んだり売買タイミングを考える時間をあまり費やす必要もありませんので、仕事などで忙しい方でも大丈夫なんです。


そして 投資信託では、多くの投資家から資金を集めて大きな資金で運用するので、個人では難しい分散投資をする事ができるので、安定した運用になる可能性が高いといえます。

さらに 投資信託は、数千円程度の少額資金で始める事も出来るので、資金にあまり余裕がない方でも出来るんですね。


☆投資信託のデメリット

投資信託は、預貯金と違い元本の保証のない投資なので、いくら投資のプロ(ファンドマネージャー)が運用しているからといっても 損をする場合もあります。

さらに 投資信託は、投資のプロに運用を任せる為に 運用費用を支払う必要があるので、運用成績が悪くても 運用費用をとられるという事にもなるんです。


自分で投資信託を選びますが、投資信託の運用自体は運用会社がするので、細かい運用状況(どれにどのように投資しているなど)を知る事が出来ませんので、損をした時にはやりきれない気持ちになります。

投資信託は、少額資金で誰にでも簡単に始められますが、安易に始められる事が出来るので、何も学ばないで投資信託をすると失敗する可能性が高いともいえます。

だから きちんと投資信託を選ぶ知識やどんな状況になったらどうすればいいなどの最低限の事は学んでから投資信託をするべきなんですね。


そして 投資信託は短期売買には向いていません。分散投資をする事で安定した運用をする事が可能になりますが、株式投資やFXのように短期間での集中投資によって大きく稼ぐという方法は投資信託では出来ません。


投資信託をする上で大切なのは、メリットとデメリット 双方をきちんと理解する事です。

メリットばかりに目が行き デメリットの部分を理解していないと、思ったような結果にならない時に冷静な判断が出来ません。


投資信託で稼ぐ為には、運用状況をきちんと把握して 冷静な判断をする事が大切です。

だから きちんとデメリットを知り理解しておく事が大切なんですね。

上手く投資信託で稼ぐ為には、メリットを知り そしてデメリットも知って デメリットの部分をどう対処していくかを考える事が大切なんですね。