投資信託を購入する方法

投資信託を始めてみたいけど どこで投資信託を購入できるのか?

投資信託は、証券会社や銀行や保険会社や信用金庫などで購入する事ができます。

投資信託を販売している証券会社や銀行や保険会社や信用金庫などを販売会社といいます。

投資信託は、証券会社や銀行などの口座を持てば窓口でも購入する事が出来ますが、証券会社やネット銀行の口座を持てば、ネットで簡単に購入する事も出来るんです。


仕事をしている方などの場合は、証券会社や銀行などの窓口に行って投資信託を購入する時間が無いって方もいると思います。

そんな方は、ネットで投資信託を購入する方法の方がいいと思います。

わざわざ窓口に行く手間を考えるとネットで口座を開設して、投資信託を購入した方が効率的でいいですし、ネットであればいつでも投資信託を購入する事が出来るからですね。


投資信託を購入するには、まずは証券会社や銀行などの口座を開設する必要があります。

口座を開設するには、印鑑と本人確認書類を用意して、証券会社や銀行の窓口に行って投資信託を購入したい事を伝えて手続をすれば、基本 すぐに口座を開設する事が出来ます。


窓口に行く暇や時間が無いって方でも大丈夫です。

証券会社や銀行のホームページで投資信託を購入する口座開設の資料を請求して、送られてきた資料に必要事項を記入し必要資料(本人確認書類)を同封して送れば、口座を開設する事が出来ます。

ネットで口座を開設するには、資料請求をして資料が届き そして資料を送るなどの時間がかかりますので最低でも2週間程度の期間が必要になります。

証券会社や銀行などの口座開設が終われば、投資信託を購入する資金を口座にいれる事で投資信託を購入する事ができるんです。


投資信託を購入する為の口座には、一般口座と特定口座という種類があり、さらに特定口座では源泉徴収なしと源泉徴収ありという種類があります。

一般口座の場合は、一年間の売却損益を自分で計算して確定申告をする必要があります。

特定口座の源泉徴収なしの場合は、証券会社や銀行が年間取引報告書を作成してくれますので、それを元に確定申告をする必要があります。

特定口座の源泉徴収ありの場合は、証券会社や銀行が年間取引報告書を作成して自動的に税金を徴収してくれますので、確定申告をする必要は別にありません。

特定口座にしても 手数料などが発生するわけではありませんので、基本 特定口座の源泉徴収ありを選択する事をおすすめします。


損失がでた場合などの事を考えると どの口座にしろ 確定申告をした方がいいと思います。

投資信託の税金については、こちらで説明しています。→ 投資信託の税金について知る

非課税口座であるNISA口座を開設すれば 条件付きで利益に対しての税金がかからなくかります。

NISA口座については、こちらで詳しく説明しています。→ NISA口座を知る