投資信託のコスト(費用)を知る

投資信託を購入して資産を運用するには、コスト(費用)がかかります。

投資信託では、運用成績からコストを引いた物が 投資信託での損益となります。

だから 運用成績と同様にコストについて きちんと把握しておく事が、投資信託で稼ぐ為には大切なんです。


投資信託では、投資の専門家であるファンドマネージャーに運用を任せるので 信託報酬という費用がかかります。

信託報酬とは、資産の運用にかかるコストであり 投資信託を持ち続けるかぎり発生する固定費のようなコストです。

信託報酬は、投資信託の運用成績に関係なく 支払う必要があるので、もし投資信託の運用成績が悪く マイナス運用でも 信託報酬を支払う必要があるんです。

だから 不確実な運用成績より確実に支払う必要のある信託報酬の方を重要視する事が投資信託で稼ぐ為には大切なんです。


投資信託では、投資した市場動向と連動してシステムで運用するインデックスファンドと市場動向を上回る事を目的としてファンドマネージャーが投資の組み替えをするアクティブファンドがあります。

基本 インデックスファンドは、システム運用なので信託報酬が安くなり、アクティブファンドは、ファンドマネージャーがいろいろな情報を元に投資対象の組み替えをするので信託報酬が高くなります。

だから 信託報酬の比較をする時には、インデックスファンドとアクティブファンドを区別する必要があります。

投資信託といっても 運用方法や投資対象などによって 種類が分ける事ができますので 同じ種類の投資信託で信託報酬の比較をする事が必要です。


投資信託を購入する時にかかる販売手数料も投資信託のコストになります。

販売手数料は、投資信託を購入する時に必要なコストで 投資信託によって違います。

販売手数料は、資金の数%程度なので 少額で投資信託を始める時には、あまり気にならない方もいるようですが、投資信託で運用する資金が増えていくと大きな金額にもなりますし、投資信託で稼ぐ為には、数%の販売手数料に拘る事が大切なので きちんと把握しておく事が大切です。

投資信託によっては、販売手数料の無いノーロードという投資信託もあります。


そして 投資信託を解約する時に手数料がかかる投資信託もありますし、解約時に手数料がかからない投資信託もありますので、投資信託を購入する時には、きちんと確認しておく事も大切です。


さらに 投資信託で稼げた場合に税金というコストがかかってきます。

損をした場合は、必要のないコストですが、投資信託をする以上 稼ぐ事が目的なので 税金についてもきちんと把握しておく事が大切です。

投資信託で稼いだお金に対して 所得税・地方税で20.315%の税金がかかります。

100万円稼いだら 20万円程度の税金を支払う必要があるって事ですね。

※税率については、国法律などで変化しますので、税務署のHPなどで確認して下さい。


投資信託には、信託報酬・販売手数料・解約手数料などのコストがかかるんです。

さらに 投資信託で稼ぐと税金もかかる。

投資信託で稼ぎ続ける為には、投資信託の運用成績と同様にコストについて きちんと把握する事が大切なんです。


投資信託の運用成績は、基本 過去の結果ですし、今後の運用成績を補償してくれるものではありません。

だから 確実なコストの方を重要視する事も 投資信託で稼ぐ為には大切なんです。

投資信託をする上で コストについて きちんと把握して理解しておく事が重要だと思いますよ。