投資信託を種類別に簡単に理解する

一概に投資信託といっても 運用方法や投資対象などが違います。

運用方法や投資対象が変わればリスクやリターンなども変わりますので、投資信託といっても いろいろな種類があるという事になります。


そして 運用方法や投資対象によって投資信託の特徴が変わるので きちんと理解しておく必要があるんです。

運用方法や投資対象によって投資信託を種類別に分けて説明します。


投資信託の運用方法には、投資する市場動向と連動してシステム運用するインデックスファンドと市場動向より良い運用を目指す攻撃的な運用をするアクティブファンドがあります。

インデックスファンド場合は、投資する市場動向と連動してシステム運用するので、ローリスク・ローリターンといえます。

アクティブファンドの場合は、市場動向を上回る為に積極的な投資をするので、ハイリスク・ハイリターンといえます。

インデックスファンドがいいのか? アクティブファンドがいいのか? 迷ってしまうと思いますが、投資初心者の方の場合は、インデックスファンドを選んだ方がいいとおもいます。

なぜなら アクティブファンドを選ぶ際には、ある程度の知識が必要になりますし、基本 インデックスファンドより ハイリスク・ハイリターンになる事が多いからです。


投資する市場によってもリスクが変わるので、投資対象によっても理解する必要があります。

投資信託の投資対象としては、債権・株式・不動産などがあります。

そして 債権・株式・不動産でも 日本国内と海外の物に分ける事ができます。

日本国内への投資の場合は、基本 為替の影響を受けませんが、海外への投資の場合は、基本 為替の影響を受ける事になります。


債権は、国の債権や企業の債権などがありますし、国内外の債権があるので 一概に債権といっても リスクとリターンが変わってきます。

高いリターンが望める債権は、基本 リスクが高いと考える事ができます。


株式は、国内外の株式がありますし、市場の分類などもあるので 一概に株式だといっても リスクとリターンが変わってくるんです。

だから どんな債権や株式などに投資をするのかを きちんと把握する事が投資信託を理解する為には大切なんですね。


そして 手数料や分配金などによっても 投資信託の種類を分ける事ができます。

購入する時に 販売手数料がいる投資信託と 販売手数料がいらない投資信託があります。

販売手数料のいらない投資信託の事をノーロードといいます。


そして 毎月分配金を支払う投資信託や 年に1度分配金を支払う投資信託や 分配金は支払わずに運用する投資信託などがあります。

分配金とは、決算期に分配金というお金がもらえる投資信託の事です。

しかし 分配金は、投資信託の運用成績が良いから支払われるというお金では無いので、元本を取り崩して支払われる事もるので 勘違いしない事が大切です。

基本 投資信託の場合は、長期運用での資産の増加を狙う投資ですので、複利効果も得る事ができる分配金が無い投資信託の方を選ぶ方がいいと思います。


さらに 別の投資信託に投資するファミリーファンドやファンド・オブ・ファンズなどの投資信託もあります。

ファミリーファンドは、マザーファンドとベビーファンドがあり、マザーファンドが債権や株式などに投資して ベビーファンドがマザーファンドに投資するという仕組みの投資信託です。

大きな資金を集めて運用する事で 効率よく安定的に運用をする為にファミリーファンドという投資信託があるんですね。

ファンド・オブ・ファンズの場合は、複数の別の投資信託に投資する投資信託です。

複数の別の投資信託に投資する事により、投資信託の醍醐味である分散投資をより分散して リスク分散ができる投資信託なんです。


上記のように 投資信託は、いろいろな種類に分ける事ができ 種類によって リスクやリターンが違うんです。

だから まずは、投資信託を種類別に簡単にでも理解する事が大切なんですね。

そして 投資信託の運用成績を比べるにも 同じ種類の投資信託で比べなければ 比べる意味がなくなりますので、きちんと投資信託の種類を把握しておく事が大切です。