投資信託を知る

投資とは、利益を得る目的で 事業・不動産・証券などに資金を投下する事です。

信託とは、信じて託すって事です。

だから 投資信託とは、利益を得る目的で 信じて託して資金を投下するって事なんですね。


投資信託は、投資家から集めた資金をまとめて 投資の専門家であるファンドマネージャーが いろいろな金融商品(債権・株式・不動産など)に投資して その投資による運用成績によって投資家それぞれの投資金額に応じて配分するという金融商品です。

投資信託では、誰を信じて託すかというと 投資の専門家であるファンドマネージャーですね。

投資の専門家であるファンドマネージャーに任せるので、投資信託を購入する場合は、難しい投資の知識はそこまで必要がないので 投資初心者の方でも簡単に始める事ができるんです。

投資を始めてみたいけど 難しそうだし 売買タイミングを考えて判断するなんて 私には無理って方でも 投資信託の場合は、ファンドマネージャーが代わりに投資をしてくれるんです。


しかし やはり 投資信託も投資ですので、損をするリスクがあります。

いくら 投資の専門家であるファンドマネージャーが運用するからといっても 絶対に稼げるとは限らないんですね。

絶対に損をしない 投資は無いって事です。


投資信託の場合は、投資の専門家であるファンドマネージャーに運用してもらうので、その費用(信託報酬など)がかかります。

運用成績が良くて 悪くても その信託報酬がかかるんです。

信じて託しても 損をする場合がありますし、その上 信託報酬も支払う必要があるんですね。

だから 投資信託を購入する前には、きちんと 信じて託せる投資信託なのかを 調査して選ぶ事が大切なんです。


そして 投資信託の場合は、他の投資と比べて 少ない資金で始める事ができます。

投資信託の場合は、1万円程度から 始める事ができるので お小遣いでも 始める事が出来るんですね。

なぜかというと 普通は、投資対象によって取引できる金額が決まっていますが、投資信託の場合は、多くの方から 資金を集めて投資をするので少額資金からでも出来るという事なんです。


さらに個人投資家では、難しい分散投資が投資信託では可能です。

分散投資とは、投資対象を分散するという事で 投資対象を分散する事で 価格変動リスクなども分散できて リスクを低く抑える事ができるんです。

個人で分散投資をするのであれば かなりの資金が必要になりますが、投資信託の場合は、多くの投資家から集めた資金で投資をするので 分散投資が出来ますし、資金が多い事で安定的に資金を運用する事ができるんですね。


投資信託は、投資の専門家であるファンドマネージャーが運用し、多くの投資家から資金を集めるので少額資金でも出来るのに分散投資ができるんです。

しかし 投資信託は投資ですので 損をするリスクがあるので 余裕な資金でしなければ ダメですよ。