忙しい方でも無理なく出来るのが投資信託の魅力

多くの方が いろいろと忙しい中 日々を暮らしていると思います。

仕事が忙しい・家事が忙しい・育児で忙しい。

株式投資やFXなどの投資をするには、分析する時間や売買する時間など いろいろと時間が必要になります。

時間が無いといって 分析もままならないで売買すると失敗する可能性が高くなりますし、売買タイミングを逃すと損をしてしまうので、忙しい方は 投資をするのは難しいといえます。

そんな忙しい方でも 投資が出来るのが投資信託だといえます。


なぜなら 投資信託の場合は、基本 投資信託を選んで購入すれば 後は、プロが運用してくれるので どの銘柄を購入して どのタイミングで売るなどをする必要がないからです。

しかし 投資信託の場合は、短期で売買して稼ぐという方法には向いていないので、短期売買で稼ぎたいと思われている方には、オススメできません。

短期の投資売買で稼ぎたいのであれば 取引する時間を作り 株式投資やFXなどをして下さい。

中長期で資産を運用して増やすと考える事ができる人には、投資信託ですね。


投資信託は、忙しい方でもできる投資信託ですが短期の投資には向いていないという事です。

投資信託の場合は、投資の専門家に託して運用してもらうので、どの投資信託に託すのかを決めて購入すれば 後は、運用を見守るという感じです。

そして 投資信託の会社から送られてくる運用報告書などで運用成績を確認して、選んだ投資信託の運用成績がどうなのかを判断するんです。


もし 思ったような運用成績でなければ、見直して他の投資信託に乗り換えるなどを考える必要もあります。

運用成績がある程度予定していた感じであれば、そのままにしておけばいいんです。

投資信託の種類によっても違ってきますが、基本 大きな経済状況の変化がなければ 1年に1度程度の確認でも大丈夫なんです。

だから 忙しい方でも投資信託なら投資が出来るって事なんです。


そして 投資信託には、インデックスファンドとアクティブファンドという運用方法があり、インデックスファンドの方が 特に忙しい方にオススメです。

なぜなら インデックスファンドの場合は、市場平均と連動してシステムで運用する投資信託なので、投資信託の手腕はあまり関係なく 投資している市場だけが投資信託の運用成績に影響するからです。

アクティブファンドの場合は、投資信託のファンドマネージャーが、市場平均を上回る為に銘柄を分析して組み替えるので、ファンドマネージャーの手腕が投資信託の運用成績に大きく影響します。

だから アクティブファンドの場合は、インデックスファンドよりは、こまめに運用成績を確認する必要があるという事になります。

アクティブファンドよりインデックスファンドは、運用成績を こまめに確認しなくても良いので、忙しい方にオススメだという事ですね。


投資信託以外の他の投資をすれば 忙しい方であれば 投資OR仕事などが疎かになってしまう可能性がありますが、忙しくて時間が無い方でも出来るのが投資信託です。

そして 投資に時間を使うより もっと時間を有効に使いたいと思われる方にも投資信託はオススメなんですね。