投資信託は少額資金でリスクを分散する事が出来る分散投資が可能

投資で安定的に稼ぐ為には、分散する事が大切だといわれています。

なぜ 分散投資が大切なのかというと、分散しないで1つの投資対象だと その投資対象の変動により大きく稼げる場合もありますが、大きく損をする場合もあり 安定して稼ぐのは難しいからです。

分散して投資する事で 価格変動も分散されるので安定して稼ぐ事ができるようになるという事なんです。


投資の格言に「卵は一つの籠に盛るな」というものがあります。

一つの籠に卵を盛っていると もし その籠を落としでもしたら 全ての卵が割れて大きな損失が出るからという意味で「卵は一つの籠に盛るな」という投資の格言があるんです。

卵を一つの籠に盛らないで 複数の籠にもっておくと もし籠を落としても 全ての卵がダメにならないので、分散しておく方がいいということですね。


だから 投資も一つの物に絞るより 複数の投資対象に分散して投資をする事で 大きな失敗がなくなるので 分散投資をした方がいいって事なんです。

しかし 株式投資やFXなどで 分散投資をするには、多くの資金が必要になります。

だから 株式投資やFXなどでは、簡単に分散投資をする事は出来ないんです。


分散投資をするには、いろいろな投資対象の事を調べて分析して売買タイミングを考える必要があるので、もし資金があっても簡単ではありません。

しかし 投資信託の場合は、投資家から資金を集めて 投資の専門家であるファンドマネージャーが投資対象を分析して分散して投資をするんです。

だから 投資信託は、一つの投資信託でも分散投資をしている事になるんですね。


そして 投資信託は、少額資金で購入する事が出来るんです。

投資信託は、少額資金でリスクを分散する事が出来る分散投資が可能な魅力的な投資なんです。

一概に分散投資といっても 同じ分野の投資対象で分散投資をしていても その市場が低迷した場合は、全体的に下がる可能性が高く 損をする可能性も高くなります。

だから いろいろな分野の投資対象に分散する事も大切になるんです。


投資信託では、債権中心の投資信託や株式中心の投資信託のように分野を絞った投資信託もありますが、債権や株式や不動産など いろいろな投資対象に分散して投資している投資信託もあります。

なら いろいろな投資対象に分散している投資信託を購入すればいいと単純に思われる方も多くいると思いますが、ただ いろいろな投資対象に分散している投資信託を選べばいいというわけではありません。

なぜなら 運用実績などが投資信託によって違いますので、どの投資信託を選んで購入するのかは、分散している投資対象だけではなく運用成績や手数料など いろいろな事を考えて選ぶ必要がありますし、経済状況や投資する方の状況によって 分散する投資対象のバランスを考える必要もあるからです。


だから どの投資対象の市場が魅力的なのかを調べて 自分の今の生活状況などを加味しバランスをある程度考えて分散して投資する事を考える必要もあるんです。

投資信託では、少額資金で分散投資ができるので、他の株式投資やFXなどの投資にくらべると 簡単にリスク分散ができるので 魅力的なんです。

ただし 投資信託で いくら分散投資をしても 投資ですので損をするリスクがありますので、余裕資金で投資をしてリスクを抑える事も大切なんですよ。