投資信託を選ぶ時の基本を理解する

投資信託といっても多くの種類があるので、購入する投資信託を探しだし選ぶ事は簡単ではありません。

だから 投資スタイルやルールを決めて投資信託を絞る事が、投資信託を選ぶ為には大切になります。

そして 投資信託を絞ったら運用成績などを比較して 良い投資信託を選んで購入です。


では、投資信託を選ぶ際に大切な基本的な部分を簡単に説明します。


投資信託を絞る為に まずは投資信託の種類を知る事が必要です。

投資信託は、投資対象や投資信託の運用スタイルなどによってわける事が出来ます。

投資対象としては、債権・株式・不動産などがあり、日本国内の物と海外の物にわかる事ができ そして海外でも先進国や新興国などにわける事が出来ます。


債権は、国債と社債などにわける事が出来ますし、株式もいくつもの市場にわける事が出来ます。

基本としては、投資対象では、債権がローリスク・ローリターンで 株式がハイリスク・ハイリターンになります。


そして 海外の方が為替変動などのリスクがあるので 日本国内よりハイリスク・ハイリターンになるといえます。

ローリスク・ローリターンな運用をしたいのであれば、国内の債権を中心とした投資信託に絞ればいいですし、ハイリスク・ハイリターンな運用をしたい方は、海外の株式を中心とした投資信託に絞る事ができますね。

国内債券と海外株式の中間を選びたいのであれば、国内の株式を中心とした投資信託に絞ればいいんです。


そして 投資信託の運用スタイルとしては、インデックスファンドとアクティブファンドでわける事が出来ます。

投資信託では、市場平均指数に連動して運用するインデックスファンドと市場平均指数を上回る事を目指したアクティブファンドがあります。

簡単にいうとインデックスファンドがローリスク・ローリターンでアクティブファンドがハイリスク・ハイリターンな投資信託といえます。

だから ローリスク・ローリターンな運用をしたいのであれば、インデックスファンドの投資信託に絞ればいいですし、ハイリスク・ハイリターンな運用をしたい場合は、アクティブファンドに絞ればいいんですね。


そして 投資信託では、販売手数料が無いノーロードという投資信託がありますので、手数料無料のノーロードに絞るという考え方も出来ます。


ある程度 投資信託を絞れば 後は運用成績などを比較して、本当に購入する投資信託を選ぶ事になります。

投資信託を比較する時には、投資対象や運用スタイルが同じ物を比較する事が大切です。


なぜなら 投資対象が違えば運用成績が変わりますし、運用スタイルが違っても運用成績が変わってくるから 投資信託の運用の善し悪しが比較出来ないからです。

ローリスクな債権中心の投資信託とハイリスクな株式中心の投資信託を比較しても投資信託の運用の善し悪しが解らないので意味が無いって事ですね。

だから 基本 投資対象が同じで 同じアクティブファンドなどのように運用スタイルが同じである投資信託で比較する事が大切なんです。

そうする事で その投資信託の運用成績が良いのか悪いのかが解るんですね。


そして 投資信託を比較する時は、ある程度の運用期間で比較する事が大切になります。

なぜなら 投資信託で投資をする場合は、基本 短期での売り買いで稼ぐような投資ではないからです。

だから 数年分の運用成績を比較する事が大切になるんですね。

簡単に説明しましたが、基本 こんな感じで投資信託を選ぶ事になります。


投資信託初心者の方の場合は、あまりリスクの高い投資信託はオススメ出来ません。

なぜなら リスクの高い投資信託を選ぶ時には、多くの事を分析して ある程度の投資知識が必要になるからです。

まずは、投資初心者の方は、インデックスファンドで国内の債券や株式を中心とした投資信託を選んだ方がいいと思いますよ。


そして 投資信託を経験して 投資について学んでから もっリスクの高い投資信託にチャレンジしてもいいと思います。

投資信託をする場合は、無理な資金でしてはいけません。必ず余裕資金で投資信託をしましょう。